メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市

「宿泊税」スタート 全国初の全宿泊施設対象

 観光都市・京都市で1日、宿泊税の徴収がスタートした。東京都、大阪府に続く3例目。全国で初めて民泊を含む市内の全宿泊施設を対象とし、税額も200~1000円と東京都(100~200円)や大阪府(100~300円)より高い設定だ。高負担の「京都モデル」が定着するか注目される。

 京都市の宿泊税は、宿泊料が1泊2万円未満は税額200円▽2万円以上5万円未満は500円▽5万円以上は1000円。修学旅行生やその引率者は課税の対象外となる。

 市は観光客に周知するため、全国の主要13駅に多言語のポスターを掲示し、今年7月には市内約3000の宿泊施設にチラシなどを配布。一方、4月から18回開いた宿泊事業者向け説明会の参加率は約4割にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです