特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

ノーベル賞

本庶さん、際立つ「本質見抜く力」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大高等研究院特別教授。本庶さんは小学生のころから自然科学に興味を持っていたという。望遠鏡で飽きることなく夜空を観察し、土星の輪を見て感動。「天文学者になりたい」と思った時期もある。小学校からネーティブスピーカー相手に英会話のレッスンを重ねるなど、「英才教育」も受けた。

 弁護士や外交官になることも考えたが、選んだのは父親と同じ医学の道だった。1960年に京大医学部に進学。「自分で治療法を見つけられたら、貢献度は大きい」と、臨床医ではなく研究医を志した。学部時代から一流研究者が集まっていた故・早石修教授の研究室に出入りして薫陶を受けた。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文881文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集