メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん、際立つ「本質見抜く力」

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大高等研究院特別教授。本庶さんは小学生のころから自然科学に興味を持っていたという。望遠鏡で飽きることなく夜空を観察し、土星の輪を見て感動。「天文学者になりたい」と思った時期もある。小学校からネーティブスピーカー相手に英会話のレッスンを重ねるなど、「英才教育」も受けた。

 弁護士や外交官になることも考えたが、選んだのは父親と同じ医学の道だった。1960年に京大医学部に進…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです