メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶氏、新たながん治療に貢献 医学生理学賞

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)の両氏に授与すると発表した。本庶氏は免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」を発見し、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」を実現した。

 本庶氏は同日、京都大(京都市)で記者会見し、「大変幸運な人間だ。これまで以上に多くの患者を救えるよ…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1092文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. F35戦闘機とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです