メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

日本から受賞26人 近年、研究力低下指摘も

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日午後8時14分、川平愛撮影

 本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大高等研究院特別教授(76)が2018年ノーベル医学生理学賞に決まり、日本からのノーベル賞受賞者は計26人となる。1901年に始まったノーベル賞は2017年までに世界の71カ国・地域・団体の計923人が受賞。過去30年の自然科学3賞に限ると、米国は昨年まで261人と圧倒的に多く、日本からは17人ながら2番…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです