メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「先生は命の恩人」 がん患者ら祝福の声

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見で質問に耳を傾ける本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日午後8時7分、川平愛撮影

 免疫療法を活用した抗がん剤「オプジーボ」開発に貢献した本庶佑・京都大高等研究院特別教授(76)がノーベル医学生理学賞受賞を決めたことに、オプジーボの投与を受けがんを克服した患者らから「本庶先生は命の恩人。受賞決定は心からうれしい」と喜びの声が上がった。

 千葉県佐倉市に住む清水公一さん(41)は6年前、会社の健康診断で肺がんが判明、手術したが脳、脊髄(せきずい)に転移した。清水さんは「がんが見つかったとき、長男は生後3カ月。次々と転移し、死を覚悟した」と振り返る。

 わらにもすがる思いで2016年12月から別の抗がん剤に代えてオプジーボの投与を開始。1~2カ月で頭…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです