メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外仙谷由人元衆議院議員死去 民主党政権で官房長官
ノーベル賞

本庶さん がんで友失い、道究め

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる本庶佑・京都大高等研究院特別教授=京都市左京区の京都大で2018年10月1日午後8時14分、川平愛撮影

 画期的な発見から、四半世紀あまり。今年のノーベル医学生理学賞に1日、京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)が選ばれた。1992年に未知の遺伝子を見つけ、抗がん剤「オプジーボ」の開発につなげた。新たな治療薬が世界各地で患者の命を救い始める中、本庶さんは世界最高の栄誉を喜び、各地から祝福の声が相次いだ。

 「『元気になった。あなたのおかげだ』と言われる時があると、自分の研究に意味があったと実感し、何よりうれしい」

 京都大(京都市左京区)の百周年時計台記念館で記者会見した本庶さんは、喜びをかみしめるように静かに語った。研究の原点には、若くしてがんで亡くなった医学部の同級生の存在があるという。「少しでも貢献できればと、当時かすかに思った」

 本庶さんは午後7時ごろ、会見場にタクシーで到着した。約20分後、紺色のジャケットとストライプのシャツ姿で記者会見に臨んだ。

 冒頭、京大の山極寿一学長が業績を紹介。続いて本庶さんが、身ぶり手ぶりを交え研究の内容などを説明した。「ノーベル賞は大変名誉なこと。ひとえに長いこと苦労してきた共同研究者、学生諸君、応援してくださった方々、長い間支えてくれた家族、言い尽くせない多くの人に感謝している」。周囲への感謝の言葉を重ねた。

 また、子どもたちに向けて「一番重要なのは、知りたい、不思議と思うこと。自分の目でものを見る、そして納得する。そこまであきらめない。そういう小中学生に研究の道を志してほしい」とエールを送った。

 一方、長年、ノーベル賞候補として期待されていたことを問われると「僕はメディアと違って、やることがいっぱいあるので、自分で意識することはほとんどなかった」と独特のユーモアでかわした。さらに、受賞が決定し多忙な中で最もやりたいこととして、趣味のゴルフで年齢以下のスコアで上がる「エージシュート」と答え、そのために「筋トレを欠かさず、家でパターの練習をする」と話して会場を和ませた。

 会見中には、本庶さんに安倍晋三首相から電話があった。安倍首相が「日本人として誇りに思う。研究の成果で多くのがん患者に希望や光を与えられた」と祝意を伝えると、本庶さんは「ありがとうございます」とお礼を述べた。

 約1時間に及んだ会見の最後に、本庶さんはこう語った。「(研究では)間違いではないかどうかを、厳しく問う。何が真実かを問う。研究では世界の人と常に闘ってきたつもりです。闘う時は、厳しくないと闘えないです」【菅沼舞、岡崎英遠、野口由紀】

「古武士のような人」

 東日本でも本庶佑さんとゆかりのある人々が祝福した。

 本庶さんは昨年4月まで静岡県公立大学法人の理事長を務め、現在も同法人顧問。静岡県立大の鬼頭宏学長は1日夜、大学内で毎日新聞などの取材に「毎年有力候補に挙がっていたが、やっと受賞すべき人が受賞した。心からお祝いしたい」と祝福。「『古武士』のような人だ。研究分野だけでなく広い視野があり、自由な発想もある」と称賛した。

 川勝平太・静岡県知事も「県の医療政策や学術振興への取り組みに尽力いただいた。世界の医学、免疫学の発展をけん引していかれるようご期待申し上げる」とコメントした。

 本庶さんは1989年から98年まで弘前大(青森県弘前市)医学部で教授を務めた。同大によると、脳神経疾患研究施設の遺伝子工学部門で、遺伝子研究や実験への助言指導などを行った。佐藤敬学長は「本学の研究の発展に多大な貢献をいただいた。心からお祝い申し上げる」とのコメントを出した。【島田信幸、松岡大地、岩崎歩】

「研究を発展させていきたい」

 本庶さんと研究で関わりがある名古屋大大学院医学系研究科の西川博嘉教授(48)は「がんという人類の大きな問題に画期的な新しい治療法を提供されたことが評価されたのだと思います。がん免疫研究分野がさらなる発展をするように、私どもも研究を発展させていきたい」などと大学を通じてコメントした。【山口朋辰】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです