メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

色紙に「渾沌」 友人ら喜び

「渾沌」と書かれた本庶佑さんの色紙を見せる上田浩一さん=宮川佐知子撮影

 本庶佑・京都大高等研究院特別教授のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった。本庶さんが大学時代に所属した「京大交響楽団」の同級生で、一般社団法人「日本フルート協会」会長の佐々木真さん(76)は「昔から人望が厚く統率力があった。同級生として誇り」と喜んだ。本庶さんは成績優秀で周囲から一目置かれた存在。フルートは大学で始めたが、3年時の定期演奏会で責任者に抜てきされた。「昔から物事を俯瞰(ふかん)できる能力があった。本庶君が研究メンバーをうまく率いたのだろう」と話した。

 本庶さんが医学生の時から通った京都市左京区の理容室「美留軒」の店主だった上田浩一さん(81)は、約…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです