メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集団訴訟

原告、原発事故前「回復を」 控訴審初弁論

海側から望む東京電力福島第1原発、右から1、2、3、4号機=毎日新聞社ヘリから三留理男撮影

 東京電力福島第1原発事故時に福島県や隣県に住んでいた住民ら約3650人が、現行の賠償制度は不十分として国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が1日、仙台高裁(市村弘裁判長)であった。原告、被告双方が昨年10月の1審・福島地裁判決を不服として控訴していた。

 同訴訟は、原発事故をめぐる全国約30件の集団訴訟の中で最大の原告数。1審判決は、国と東電が津波を予見できたと認定。自主避難区域や福島県外…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです