メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『最初の悪い男』ミランダ・ジュライ/著

ミランダだけが産みだすワンダーに満ちた小宇宙

◆『最初の悪い男』ミランダ・ジュライ/著 岸本佐知子/訳(新潮クレスト・ブックス/税別2200円)

 ミランダ・ジュライ初めての長編小説と聞けば、膝を乗り出さずにはいられない。

 その世界に激しくもっていかれたのは、ほとんど同時に接した映画と小説だった。映画は、ミランダ自身が脚本・監督・主演を務めた長編映画「君とボクの虹色の世界」(2005年作品、カンヌ国際映画祭で新人監督賞)。小説は、短編集『いちばんここに似合う人』(新潮クレスト・ブックス)。

 自由で不器用で孤独なタマシイが、せつなくもたくましい妄想と想像を繰り広げる映像と文章世界。短編集に…

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  4. ORICON NEWS 沢尻エリカ容疑者 CD出荷&音源配信停止 2006年に「タイヨウのうた」がヒット

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです