メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日帰りツアー

津軽に息づく“関西” 秀吉や三成ゆかりの地巡る 和菓子「大阪屋」など 弘前で満喫 /青森

 豊臣秀吉や石田三成など、津軽地方に残る関西にゆかりの場所を巡るツアー「関西日帰りの旅in弘前」が2日、弘前市で開かれた。同市や青森市などから8人が参加し、津軽に今も息づく“関西”を満喫した。

 ツアーは、同市の旅行会社「たびすけ合同会社西谷」が企画。同社ガイドの前田優子さんの案内で、秀吉の木像を御神体として安置した弘前城館神(たてがみ)跡や、大坂夏の陣の後に関西から弘前にやって来た武士が創業したとされる和菓子屋「大阪屋」、三成の子孫の墓がある宗徳寺などを約2時間かけて巡った。

 大阪屋は、初代・大阪屋三郎右衛門が福井姓を名乗り、1630(寛永7)年に創業。弘前藩御用達の御菓子…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文626文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです