メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日帰りツアー

津軽に息づく“関西” 秀吉や三成ゆかりの地巡る 和菓子「大阪屋」など 弘前で満喫 /青森

 豊臣秀吉や石田三成など、津軽地方に残る関西にゆかりの場所を巡るツアー「関西日帰りの旅in弘前」が2日、弘前市で開かれた。同市や青森市などから8人が参加し、津軽に今も息づく“関西”を満喫した。

 ツアーは、同市の旅行会社「たびすけ合同会社西谷」が企画。同社ガイドの前田優子さんの案内で、秀吉の木像を御神体として安置した弘前城館神(たてがみ)跡や、大坂夏の陣の後に関西から弘前にやって来た武士が創業したとされる和菓子屋「大阪屋」、三成の子孫の墓がある宗徳寺などを約2時間かけて巡った。

 大阪屋は、初代・大阪屋三郎右衛門が福井姓を名乗り、1630(寛永7)年に創業。弘前藩御用達の御菓子…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです