メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞に本庶氏 県内から祝福の声 昨年、秋田で講演 /秋田

 今年のノーベル医学生理学賞に決まった京都大特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)氏(76)は2017年7月、秋田市内のホテルで開かれた県医師会の記念行事に招かれ、講演していた。県内の関係者からも祝福と喜びの声が上がった。

 本庶氏が訪れたのは、県医師会(小玉弘之会長)の設立70周年を記念した医学大会。「免疫でがんを治す」というテーマで壇上に立ち、免疫反応のブレーキに相当…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです