メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞・本庶氏の両親出身地 県内から祝福の声 後輩らも笑顔 /富山

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた京都大の本庶佑特別教授の両親は県内の出身。本庶氏と約40年の親交がある県薬事研究所の高津聖志所長(73)は「遠からず受賞するとずっと思っていた。免疫学の先輩の受賞は本当にうれしい。後輩に力を与えてくれた」と声を弾ませた。

 本庶氏とは1970年代の大阪大医学部時代以来、共同研究などで旧知の仲という高津所長は、「常に本気でやれ」が口癖だったと振り返り、「独創的な研究者を大切にし、強い刺激があるアドバイスを与える人」と評した。その上で「…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです