メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線

建設工事 県側、JRに質問書 大井川流量減の試算根拠明示を /静岡

 リニア中央新幹線の建設工事で大井川水系の流量減少が懸念されている問題で、県と大井川流域の自治体、利水団体で作る「大井川利水関係協議会」がJR東海に質問書を送付したことが、関係者への取材で判明した。JR側はトンネルの掘削に伴う大井川の流量減少を最大毎秒2トンと試算しているが、同協議会は試算の根拠を示すよう求めている。回答期限を今月10日としており、JR東海が対応を検討している。【島田信幸、大谷和佳子】

 大井川の水問題では、「必要に応じて流量減少分を戻す」とするJR東海と「全量回復の早期表明」を求める県が対立。県はトンネルの本体工事着工前に流量減少対策について利水団体と基本協定を結ぶことをJR東海に求めているが議論が停滞している。県は8月、11の利水団体に中下流域の8市2町を加えた同協議会を設置し、県が意見を集約してJR東海と交渉に臨むとしていた。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです