メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

銅版画で描いた京景色 幕末明治の資料196点 宇治市歴史資料館 /京都

 宇治市折居台1の市歴史資料館で特別展「幕末明治・京都遊覧-銅版画の世界」が開かれている。銅版画にテーマを絞った初めての展示で、主に同館が所蔵する原物資料196点と6~90倍に拡大したパネル165点を展示している。

 銅版画は浮世絵などの木版画と並ぶ民衆の娯楽として幕末期から特に京都で発達し、主に名所の風景を描いて京土産として珍重された。モノトーンの線画はどことなく異国情緒を感じ…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
  2. KYB改ざん データ欠落、安全揺らぐ 免震装置不正
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです