メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん医学生理学賞 「医療産業の神戸」推進に力 構想段階から関わり /兵庫

本庶佑さんのノーベル医学生理学賞受賞が決まり、記者会見する神戸医療産業都市推進機構の村上雅義専務理事(右)と太田明夫免疫機構研究部長=神戸市中央区港島南町2で、黒川優撮影

 医療先端都市としてさらなる飛躍を--。京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)がノーベル医学生理学賞に選ばれ、本庶さんが理事長を務める神戸医療産業都市推進機構(神戸市中央区)の関係者から喜びの声が上がった。医療産業都市は阪神大震災(1995年)の復興を願って生まれたプロジェクトで、本庶さんは構想段階から関わった。同機構幹部は「神戸の活性化につながる」と期待した。【米山淳、黒川優、目野創】

 「構想から20年。大きく育ってほしいし、受賞が少しでもプラスに働けばうれしい」。本庶さんは1日夜、…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです