特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

倉敷・真備 減少するボランティア 継続へ企業が一役 社員送迎や特別休暇 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会社のロゴマークが入った帽子をかぶってボランティア活動に励む人たち=岡山県倉敷市真備町尾崎で、林田奈々撮影
会社のロゴマークが入った帽子をかぶってボランティア活動に励む人たち=岡山県倉敷市真備町尾崎で、林田奈々撮影

 西日本豪雨の発生から間もなく3カ月となるが、大規模な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区では、今も住民が家屋の片付けに追われている。しかし、発災から時間が経過するにつれて、集まるボランティアの数は減っている。そんな中、積極的に社員をボランティアへ送り出す企業もあり、支援の継続に一役買っている。【林田奈々】

 倉敷市災害ボランティアセンターによると、9月22~24日の3連休に集まったボランティアは1日に500人程度。最も多かった7月15日の約2300人と比較すると、5分の1にまで減った。一方、被災者からのボランティアを求める依頼は今も1日に5~20件ある。ボランティア不足などで対応できず、約250件の依頼が残っている状態だという。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1201文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集