メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

配慮広がる 申請書の性別欄削除など 各自治体、小さなことから /宮崎

 熊本、宮崎、鹿児島3県の自治体で窓口に提出する申請書の性別欄を削除したり記入を任意にしたりするなど、性的少数者(LGBTなど)に配慮する取り組みが広がっている。職員採用の応募書類で性別記入を任意にした市もあり、多くの自治体が小さなことから当事者に寄り添って苦痛や抵抗感を和らげようと模索している。【塩月由香、城島勇人】

 宮崎市は6月、性別欄がある申請書など565件のうち198件は性別記入が不要と判断。コンビニエンスス…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです