メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

沖縄の古謡集「おもろさうし」には「セジ」という言葉が…

[PR]

 沖縄の古謡集「おもろさうし」には「セジ」という言葉がよく出てくる。国王がセジを得るように祈る歌には「戦(いくさ)セジ」「百(ひゃく)歳(さ)セジ」「世添(よそ)うセジ」などさまざまな種類がある。このセジ、霊力のことなのだ▲戦セジとは戦勝をもたらす霊力、百歳セジは永遠の命を保つ霊力、そして世添うセジとは世を保護し支配する霊力という。セジは人や物がもともと備えているのではない。天と地の間にあって、何かの拍子に人や物に宿る霊力なのだ▲先日の沖縄県知事選では翁長雄志(おなが・たけし)氏から基地移設反対を引き継いだ玉城(たまき)デニー氏へ、世添うセジはすんなり移行した。地域振興策を人質に基地の移設を進める政府に対し、沖縄の誇りと意地を掲げて霊力を蓄えた翁長氏の遺産である▲ひるがえって自民党総裁選で3選を果たしたばかりの安倍晋三(あべ・しんぞう)首相には出だしからのつまずきである。総裁選での党員票の伸び悩みもこれあり、来年の参院選をにらんで首相の政治的霊力を値踏みする党内外の視線も厳しさを増そう▲その第4次改造内閣は財務相や官房長官らの骨格は維持しながら12人が初入閣、女性は何と1人の陣容となった。各派閥の入閣待機組の受け入れや盟友・側近重視の人事は、党内に潜むリスクを避けて霊力の消耗を防ぐ狙いのようだ▲つまりは参院選、また改憲を狙った布陣だろうが、野党も新閣僚の資質や女性1人の陣容など突っ込みどころには困るまい。むろん参院選セジの宿り先を決めるのは、その間の一切を見つめる国民である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

    2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

    3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

    5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです