メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

外国人就労の拡大策

竹増貞信氏

 政府は来年4月から、外国人の就労を目的とした在留資格を新設し、2025年までに新たに50万人以上を受け入れ、深刻化する労働力不足に対応する考えだ。外国人労働者は5年連続で増加し、割合は10年の1%から17年には2%まで増えた。「50人に1人」と身近になり始めた外国人と共に働き、生活するための準備と心構えとは。

この記事は有料記事です。

残り4369文字(全文4525文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです