メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガソリン価格

高騰154円 3年10カ月ぶり水準 生活、影響じわり

 米国の対イラン制裁再発動を巡る供給減少懸念で原油価格が高騰し、国内のガソリン価格が約3年10カ月ぶりの水準で高止まりしている。冬場が需要期の灯油の値段も上がっており、国民生活への影響が広がりつつある。

 「仕事で毎日100キロくらい走るので、ガソリン代が上がると月々の経費を圧迫してしまう」。先月27日に東京都世田谷区のガソリンスタンド「シンエネ八幡山SS」で給油していた近くの塗装業、鈴木達郎さん(54)は困惑の表情を見せた。

 原油価格の国際的な指標である米国産標準油種(WTI)の先物価格は、今月1日に1バレル=75・30ド…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです