メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「恋のしずく」映画はまちづくりだ=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 東京・神田神保町には多彩な人材が集う。その一人が、10月20日全国公開となる「恋のしずく」のメガホンを取った映画監督の瀬木直貴氏である。地域にこだわった映画作りを得意として、本作で16作目となる。瀬木監督は、筆者を含めて東洋大学の地方創生カレッジ用の講義も撮影してくれており、地方創生にも造詣が深い。

 酒を題材にした映画の企画は、神保町のもう一人のキーマン、サイバー・ネット・コミュニケーションズ代表の山路熟氏が、ミス日本酒を応援していたことが縁で、日本酒の映画が動き出す。瀬木監督は、撮影場所を探して全国の酒蔵を歩く中で、酒蔵と住宅が一体となり、そこに酒と共に暮らす人々の日常が残っていた西条(東広島市)にほれ込んでしまう。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです