メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん緩和ケア

実態調査へ 全国7800カ所の病院対象 厚労省研究班

 がんに伴う苦痛や精神的不安などに対処する緩和ケアについて、厚生労働省の研究班(班長、加藤雅志・国立がん研究センターがん医療支援部長)は全国約7800カ所の病院を対象にした初の実態調査を始める。国のがん対策推進基本計画で診断後早期の提供が求められているが、実態が不明で病院間で格差が生じている可能性があるためだ。(12面に「がん大国白書」)

 緩和ケアは、がんによって生じる痛みのほか、精神的な不安などを含んだ全人的な苦痛を対象にした治療。2007年に始まったがん対策推進基本計画に「診断早期からの緩和ケアの推進」が盛り込まれ、医療者対象の緩和ケア研修会が開かれてきた。各都道府県に配置するがん診療連携拠点病院に対し、研修会を受講した医師の配置を義務づけるなど、提供体制の整備が進んできた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです