メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラムサール条約

登録へ 宮城・志津川湾、珍しい藻場/東京・葛西海浜公園、水鳥懸念も

ラムサール条約に登録される見通しとなった葛西海浜公園=東京都港湾局提供

 環境省は2日、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約の登録地に、東京都江戸川区の「葛西海浜公園」(367ヘクタール)と宮城県南三陸町の「志津川湾」(5793ヘクタール)を新たに登録すると発表した。21日からアラブ首長国連邦のドバイで開かれる締約国会議で正式決定する。日本の登録地は52カ所(15万4696ヘクタール)となる。

 葛西海浜公園は東京湾にある干潟。高度成長期以降、生活排水で水質が悪化したが、下水道の整備のほか、カ…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです