連載

がん大国白書

国民の2人に1人ががんになるという「がん大国」日本におけるがん医療、がん対策に迫ります。

連載一覧

がん大国白書

その日に備えて/1 誤解多い薬の副作用 「つらさ我慢」は本末転倒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 がんは国民の2人に1人が生涯で一度はなる身近な病気だが、その知識は国民に共有されているとは言い難い。医師は「突然がんと診断され、準備もないまま治療に臨まざるを得ない人は多い」と言う。新企画「がん大国白書 その日に備えて」では、がんを巡る常識について月1回、計6回にわたって取り上げる。1回目は「がんの治療」についてまとめた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り1747文字(全文1915文字)

あわせて読みたい

注目の特集