メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

議事概要、記憶で作成 退位皇室会議「過去は議事録」 宮内庁

 天皇陛下の退位日を決めるために昨年12月に行われた皇室会議(議長・安倍晋三首相)が詳細な議事の記録を残していなかった問題で、唯一の記録である「議事概要」について宮内庁は「出席者の記憶を基に作成した」と毎日新聞の取材に回答した。それ以前の皇室会議には議事録があるとも答え、概要しか残さなかったのは今回が初めてだったことも明らかになった。【佐藤丈一】

 同会議には議長の安倍首相のほか、衆参両院議長、最高裁長官、皇族ら10人が議員として出席。菅義偉官房…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  4. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  5. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです