メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

医学生理学賞 共同受賞の本庶さん・アリソンさん 競い合い30年、相乗効果 「開発」薬、併用で死亡率減

2014年に東洋のノーベル賞と呼ばれる台湾の「唐奨」を共同受賞し、記念講演で談笑する本庶さん(右)とアリソンさん=唐奨教育基金会提供

 今年のノーベル医学生理学賞に選ばれた京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)と米テキサス大教授のジェームズ・アリソンさん(70)は約30年前から、がん免疫療法の実現に向けて激しく競い合った。2人の研究成果は近年、医療現場で相乗効果を生み始めている。

 本庶さんは1980年代、米テキサス州のアリソンさんの自宅を訪ねたことがある。免疫細胞に特有のたんぱく質の正体を突き止めようと計画し、共同研究を持ちかけたのだ。しかし、アリソンさんは別の研究者をパートナーに選んだ。結局、2人とも他のグループに先を越されてしまった。

 その後、2人は免疫にブレーキをかける要因を探り、それを取り除いてがんを治療する方法を模索する。当時…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文808文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです