メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

米サンフランシスコと姉妹都市を解消 慰安婦像巡り

慰安婦像を巡る大阪市とサンフランシスコ市の経過

 米サンフランシスコ市が昨年11月、市民団体寄贈の旧日本軍の従軍慰安婦像を受け入れたことで、大阪市の吉村洋文市長は2日、同日付で姉妹都市関係を解消する通知文を送った。大阪市は9月末までの撤回を求めたが、返答がなかった。直接対話が実現しないまま、60年以上続いた友好関係が首長の政治的判断で消える形になった。【真野敏幸】

 吉村市長は報道陣に「事実と異なる内容の慰安婦像や碑文を公共物にしないよう求めてきたが、受け入れられ…

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文1970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです