メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
防衛省

離任あいさつ8分過ぎ、また涙の小野寺前防衛相

 小野寺五典前防衛相の離任式が3日、防衛省で開かれ、災害派遣活動や警戒監視にあたる自衛隊員の活躍をたたえた離任あいさつの途中から、小野寺氏が涙声になる一幕があった。前回防衛相を務めた2014年の離任あいさつでも涙ぐみ、話題を呼んでいた。

 小野寺氏は2度目の防衛相に就任した昨年8月以降、北朝鮮の弾道ミサイル発射と核実験、米軍機や自衛隊機の事故、イラク日報問題、西日本豪雨や北海道地震など大規模災害への対応に追われた。

 この日の離任あいさつでは「防衛省・自衛隊に求められる対応と責任が、より一層高くなっている現状を痛感…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文575文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです