メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネミ油症50年

苦しみ今も 2人の子死産の被害者語る

半世紀を経ても忘れられない死産の悲しみや患者救済策の拡充を訴える蔵元義人さん=北九州市小倉北区で2018年9月19日、青木絵美撮影

 国内最大の食品公害「カネミ油症」の被害が発覚して今月で50年を迎える。北九州市小倉南区の蔵元義人さん(78)は半世紀前、ポリ塩化ビフェニール(PCB)が混入した米ぬか油を使った料理を家族で食べてカネミ油症を発症、待望の我が子は2人続けて死産だった。蔵元さんは6日に福岡市内である集いで、忘れることのできない油症被害の苦しみを語る。

 1968年の春、両親と身重の妻、弟との5人暮らしの蔵元さん一家に異変が表れた。全員の体中に吹き出物…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1100文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです