メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大田区議

口座不正譲渡 警視庁聴取、振り込め詐欺悪用

 東京都大田区の荻野稔区議(32)=日本維新の会=の口座が振り込め詐欺グループに使われたとして、警視庁捜査2課が任意で事情聴取したことが明らかになった。口座には被害者から現金が振り込まれており、同課は犯罪収益移転防止法違反にあたる可能性があるとみて調べている。

     同課によると、荻野区議は2017年2月、インターネットで見つけた金融業者に借金を申し込んだ。「カードを送れば口座に現金を入れて返す」と電話で言われ、指示通りカードを送り暗証番号を伝えたという。

     その後、口座には、特殊詐欺の被害に遭った堺市の女性から入金があった。事情聴取に対し、荻野区議は口座を譲渡したことを認めている。同課は今後、振り込め詐欺に使われることを認識していたかなどを調べる。

    【五十嵐朋子、佐久間一輝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    2. JR東日本 ホームに無人決済店 東京・赤羽駅で実証実験
    3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    4. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
    5. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです