メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

小野薬品株価が年初来高値 受賞決定一夜明け

小野薬品工業の業績は拡大

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)氏の研究成果をもとに開発された抗がん剤「オプジーボ」は、中堅製薬会社の小野薬品工業が製造・販売している。受賞決定から一夜明けた2日は同社への関心が高まり、株価は午前の取引開始直後に前日終値比220円高の3430円まで上昇し、年初来高値を更新。2日の終値は98円高の3308円だった。

 オプジーボの発売は2014年9月。当初は悪性黒色腫のみだった国内の治療対象は、肺がんや胃がんなど7…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです