メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
米国

新NAFTA協定に「為替条項」 報復措置認める

 米国政府が1日に公表した新しい北米自由貿易協定(NAFTA)の協定文には、輸出競争力を高めるための通貨安誘導に対して報復措置を認める「為替条項」が盛り込まれた。米国の自動車輸入については一定数量に限り関税ゼロを適用する「数量規制」も採用した。トランプ米政権は、政府によって貿易量をコントロールする「管理貿易」を進めようとしており、日米物品貿易協定(TAG)交渉を控える日本政府には警戒感が広がる。

 協定文によると、米国、メキシコ、カナダ3カ国は、相手国の通貨切り下げが疑われる場合、紛争解決を行う…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです