メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

がん緩和ケア、初の全国調査へ 病院間で格差か

 がんに伴う苦痛や精神的不安などに対処する緩和ケアについて、厚生労働省の研究班(班長、加藤雅志・国立がん研究センターがん医療支援部長)は全国約7800カ所の病院を対象にした初の実態調査を始める。国のがん対策推進基本計画で診断後早期の提供が求められているが、実態が不明で病院間で格差が生じている可能性があるためだ。

 緩和ケアは、がんによって生じる痛みのほか、精神的な不安などを含んだ全人的な苦痛を対象にした治療。2…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文788文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです