メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良

インコの飼い主見つかる「皆さんに感謝」

奈良県警生駒署から飼い主の元に返されたアキクサインコの「小梅」=奈良県生駒市東松ケ丘の生駒署で2018年10月2日午前11時52分、数野智史撮影

 先月21日に奈良県生駒市の路上で保護され県警生駒署員らが世話をしてきたアキクサインコの元の飼い主が見つかり、2日、手元に返された。飼い主は「もうダメだと思って諦めていたのでうれしい。小さな命をつないでくれた皆さんに感謝している」と再会を喜んだ。

 飼い主は奈良市鳥見町の主婦、中田恵子さん。インコは生後約10カ月の雄。中田さんが「小梅」と名付け、ひなの時から育ててきた。ところが9月19日夕方、中田さんが自宅の庭で別のインコのケージを掃除して…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです