メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

昨年皇室会議「議事概要、記憶で作成」

昨年12月に開かれた皇室会議の「議事概要」では、1時間15分続いた会議で出た議員の意見がわずか6行にまとめられていた=2018年9月16日撮影

 天皇陛下の退位日を決めるために昨年12月に行われた皇室会議(議長・安倍晋三首相)が詳細な議事の記録を残していなかった問題で、唯一の記録である「議事概要」について宮内庁は「出席者の記憶を基に作成した」と毎日新聞の取材に回答した。それ以前の皇室会議には議事録があるとも答え、概要しか残さなかったのは今回が初めてだったことも明らかになった。【佐藤丈一】

 同会議には議長の安倍首相のほか、衆参両院議長、最高裁長官、皇族ら10人が議員として出席。菅義偉官房…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです