メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アズナブールさん死去

「元気に歌っていたのに」

 94歳で死去したフランスを代表するシャンソン歌手、シャルル・アズナブールさんと1989年から親交がある日仏シャンソン協会日本支局(名古屋市)の加藤修滋支局長(69)は、1日夜に入った悲報に「9月の日本公演で元気に歌ったばかりなのに信じられない」と肩を落とした。

 加藤さんはアズナブールさん作曲の「青春という宝」「不滅のアーティスト」など7曲の歌詞を日本語訳し、フランスの著作権管理団体(SACEM)に登録されている。他のシャンソンの訳詞も手掛け、2004年にSACEMの特別功労賞メダルを授与された。

 加藤さんの母ハツさん(14年に92歳で死去)はシャンソン歌手に舞台を提供し、アズナブールさんから「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです