メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号停電

中部管内、延べ119万戸に 平成最大

停電により信号が消えた交差点で交通整理をする浜松東署員=浜松市中区で2018年10月1日、奥山智己撮影

 中部電力は2日、台風24号の影響による停電が管内で延べ119万1310戸に上ったと発表した。1998年の台風7号による約111万戸を超え、平成に入って最大の停電となった。2日午後11時時点でも静岡県を中心に愛知、長野を含む3県の計11万6460戸で停電が続いている。

 2日午後11時現在、静岡市や浜松市など静岡県で10万4120戸▽豊橋市や豊田市など愛知県で6650戸▽茅野市など長野県で5690戸--が停電している。中部電は市街地について3日までの復旧を目指すが、山間部は倒木や土砂崩れなどで4日以降にずれ込む可能性があるとしている。

 中部電の管内は愛知県、長野県、岐阜県と三重県の大部分、静岡県の富士川以西。中部電によると、9月30日に列島に上陸した台風24号では、各地で強風が吹き、飛来物や倒木で電線が切断されたり、電柱が折れたりする被害が相次ぎ、大規模な停電が起きた。特に静岡県で被害が拡大し、管内戸数の約7割が一時停電した。

 停電は長期化し、一部地域では土砂災害による電線切断も発生し、土砂の撤去や地固めなどに時間がかかるという。中部電は約7000人態勢で復旧作業を進めている。関西電力、北陸電力、東京電力の各社にも応援を依頼し、既に作業員55人と高圧発電機車10台の支援を受け、さらに計50人の支援を追加要請している。【斎川瞳】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです