メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺防止

名簿提供に拒否感強く 東京・新宿区民

 東京都新宿区が特殊詐欺防止に向け、65歳以上の区民の名前や住所などを記した名簿を警察署に提供するとした問題で、対象となる区民約6万7000人の4割に当たる約2万7800人が「名簿提供を希望しない」と意思表示していた。区は返信のない約4万人分の名簿を提供する方針だが、藤原家康弁護士(第二東京弁護士会)は「拒否が4割では、事業として成り立たない。個別に同意を得たうえで実施すべきだった」と話している。【福沢光一、川村咲平】

 区によると、区内で発生した特殊詐欺の認知件数と被害額は▽2015年が58件(1億6600万円)▽1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです