メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新潮45」問題を考える

「この雑誌が消えることの損失は大きい」小田嶋隆さん

コラムニスト、小田嶋隆さん=2018年9月28日午後2時40分、佐藤丈一撮影

 <「新潮45」が休刊だそうです。いましがた編集者さんから連絡がありました。残念な結果ですが、こればかりはしかたがありません>。縦横無尽に世相を斬るコラムニスト、小田嶋隆さん(61)は9月25日、自身のツイッターで、そうつぶやいた。小田嶋さんは「新潮45」の常連執筆者でもあった。そのつぶやきには<雑誌という媒体の将来について色々と思うところはありますが、その話はいずれまた>とも記してあった。ならばと、小田嶋さんにその思うところを語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り3126文字(全文3350文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです