メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わるヤクザの世界 スポーツ界もゴタゴタ続き

 2017年6月号で「ヤクザの“存亡”が問われる 代紋が同じ『山菱』の山口組が三つに!」を書いた。日本最大の暴力団「山口組」が「6代目山口組」「神戸山口組」「任侠山口組」の三つの組織に分裂。同じ「山菱」の代紋を使用している変な“緊張状態”を報告した。

 それから約1年半。「血で血を洗う争い」もなく、この夏、水面下で「再統合」への話し合いが持たれている。ひょっとすると、この時評がお手元に届く時には「山口組一本化!」が実現しているかもしれない。 親分たちは対立するが、なぜか「武力による解決」を避け「知力」で元のさやに戻ろうとしている。ヤクザの世界は今、大きく変わろうとしているのだ。

 今回の分裂騒ぎは15年8月27日、「6代目山口組」(司忍組長)が大物幹部の井上邦雄4代目山健組組長…

この記事は有料記事です。

残り2193文字(全文2557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです