メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

芝田秀数・奈良県曽爾村長

芝田秀数氏

 曽爾村は、1000メートル級の山々に囲まれた面積約47平方キロ、人口約1500人で、約86%が森林に覆われた自然豊かな農村です。平成26(2014)年11月、東京1極集中の是正、地方の活性化を図るため「まち・ひと・しごと創生法」が施行されました。これを受けて村では、村民、村職員とのワークショップを1年かけて議論を重ね平成27(2015)年12月に曽爾村地域イノベーション創生総合戦略を策定しました。

 本戦略では、基幹産業である農業では米価の低下、トマトやホウレン草の産地力の低下、加えて木材価格の低迷による山林の荒廃などが進む状況の中で、これ以上の農林業の衰退を阻止し、地域(集落)の地域資源を最大限に活用させて生きがい見つけ、村全体の創業を促すことなどを提唱しました。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです