メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
末松広行氏

山田公取委事務総長は春日部高

 埼玉県の2回目は公正取引委員会や農林水産省、経済産業省、国土交通省、会計検査院から出身者を紹介する。

 公取委では、事務総長の山田昭典氏(一橋大法81年公取委)が草加市出身で、県立春日部高を卒業している。

 農水省では、事務次官の末松広行氏(東大法卒83年農水省、写真)が県立浦和高卒だ。さいたま市(旧浦和市)に育ち、高校は引っ越し先の草加市から通っている。一昨年6月から交流人事で経産省産業技術環境局長に出ていた。高校では剣道部に所属。「冬の寒稽古はつらかった。高校の恒例行事の強歩大会の前には体を鍛えた。通学のJR武蔵野線は当時、1時間に1、2本しかなく苦労した」と話す。生産振興審議官の菱沼義久氏(東北大農83年農水省)は、浦和の同級生で同じクラスになったこともあるという。作家の佐藤優氏や日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)の村井満氏も同級生という。

 前近畿農政局長の新井毅氏(東大法85年農水省)は、所沢市出身で高校は都内の私立巣鴨高を卒業した。農…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1365文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです