メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

きしむ社会保障 深刻さを増すマンパワー不足

文部科学省前局長に対する贈賄容疑をきっかけに、女子受験生などへの入試差別が明らかになった東京医科大=東京都新宿区で2018年7月4日

医大入試差別、公務員障害者雇用偽装の背景にも

 東京医科大が、女子合格者数を意図的に抑えていたことに続き、官公庁が障害者雇用比率を偽っていたことも明るみになる。医療や障害者福祉の分野でルールをゆがめた出来事が相次いでいる。しかし、その一方で「マンパワーを確保するにはやむを得なかった」という声も聞こえてくる。社会保障制度をめぐる「きしみ」の背景には、こうした“工夫”を余儀なくされた現場の事情もあるようだ。

 東京医科大入試での女性差別が明るみになるきっかけは、文部科学省前局長をめぐる贈収賄事件だった。容疑…

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2648文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです