メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

株式会社ピリカ/一般社団法人ピリカ代表 小嶌不二夫

小嶌不二夫氏

 プラスチックごみの海洋流出問題が大きな話題となっている。さまざまな経路から海洋へと流出し、2050年ごろには海を漂うプラスチックの量は重量比で魚の量を上回るという予測や、海産物を通じてプラスチックを摂取した人体への影響などの深刻な問題が指摘されている。海に流出してしまったプラスチックの回収は非常に難しいため、いかに陸上で対処するかが重要だ。多くの自治体がこれまで当たり前に取り組んできた清掃美化活動やポイ捨て抑止施策が、この世界的な環境問題を解決するために非常に重要になってきた。

 自治体の本格的な清掃美化活動は、関東圏では1964年の東京オリンピックを契機に、街をきれいにしようという取り組みの一環として始まった。ごみが無秩序に捨てられていた当時と比較すると現代の日本の街はとてもきれいになったことは間違いない。だが、ここ最近は取り組みの形骸化やマンネリ化が進んでいた。筆者は京都大学在籍時に始めた研究がきっかけでITを活用した環境問題の解決に取り組むようになり、多くの自治体の…

この記事は有料記事です。

残り2636文字(全文3078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです