メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

電子図書館 進まない公立図書館の電子書籍化

電子絵本を楽しむ子どもたち=東京都千代田区立四番町図書館で2015年2月6日

自治体予算の制約 民間企業との連携も

 「電子図書館」が登場して約11年余りになる公立図書館で、本の電子化が進んでいない。パソコンに加えてスマホやタブレット端末などが急増している中で、普及はまだ初期の段階だ。海外では行政サービスの電子化に合わせて電子書籍化が進展しており、図書館利用の9割が電子書籍という国もある。利用できる電子書籍が少ないことや、公立図書館は予算の制約もあり本の電子化が進んでいないとみられる。自治体の中には民間企業などのアイデアを取り入れながら電子書籍の利用を増やす取り組みもある。

 電子書籍化を推進している「電子出版制作・流通協議会」(電流協)によると、今年7月1日現在で、電子書籍貸出サービスを実施している図書館は81自治体、78館にとどまっている。中には兵庫県内のたつの市と宍粟市、上郡町、佐用町の4市町が合同で運営する「播磨科学公園都市圏域定住自立圏電子図書館」などもある。

この記事は有料記事です。

残り4140文字(全文4540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです