メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうすれば安全安心

広がる自費リハビリ 期間・回数に制限なし

保険外リハビリを巡る構図

 公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリに満足できない脳梗塞(こうそく)などの患者向けに、保険外で全額自費のリハビリを提供する事業者が増えている。保険では回数や時間が制限され、患者の希望に応え切れていないためだ。ただ、高額になるほか、医学的な質をどう担保するかという課題もある。

保険外なので高額/リスク管理に不安も/質確保する仕組み必要

 保険外リハビリで近年、施設数を急速に伸ばしているのが2014年設立の株式会社ワイズ(東京)だ。首都圏の1都3県のほか新潟、熊本を合わせ「脳梗塞リハビリセンター」を計11カ所展開。ノウハウを伝えた提携事業者が宮城、大阪、福岡など6都府県で同様の施設を開いている。

 「料理ができるまで回復したい」「またパソコン入力ができるようになりたい」といった個人の希望や症状に…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1423文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです