メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

小沢あきこ/森山愛子=専門編集委員・川崎浩

小沢あきこ 地元演歌で艶を出す

 演歌の属性の一つに「地域性」がある。この要素は、フォーク、ニューミュージックまでは使ったが、Jポップではまず存在しない。空間イメージの限定は「格好よくない」のであろうか。その点、演歌は水森かおりを代表として「ご当地もの」の人気は根強い。

 1993年デビューの小沢あきこは、25周年記念曲として生地・長野県飯田市をテーマにした「飯田線」(コロムビア)を歌う。「メインの曲でご当地演歌は初めてなんです」と意外な発言。「真面目で清純といった印象の曲が多くて、私自身もどこか個性がない雰囲気を漂わせてました。今作は地元ということで“…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです