連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

ギャートルズの歌

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 原始人たちののびのびした生活を描いたテレビアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディング曲「やつらの足音のバラード」が、松江市の街中で8月から時報代わりに流れている。原作者で地元出身の漫画家、園山俊二さん(1935~93年)を顕彰し、地域を盛り上げようと有志が今年設立した「園山俊二の会」の活動の一環だ。

 松江京店商店街にある時計宝石販売「創美堂」屋上の時計塔のチャイムを「バラード」のピアノ演奏45秒に替え、午前10時~午後7時の1時間ごとに流す。通りがかるとつい「なんにもない、なんにもない」と口ずさんでしまう。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文457文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集