東日本大震災

福島第1原発事故 避難者賠償訴訟 地裁口頭弁論で本人尋問が終了 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故による県内避難者が国と東電に対し、1人当たり1100万円の支払いを求めた損害賠償訴訟の口頭弁論が3日、山形地裁(貝原信之裁判長)であり、本人尋問が終了した。提訴している201世帯735人のうち本人尋問の対象になったのは28世帯28人。この日は最後の3人が法廷に立ち、避難生活…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

注目の特集