メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心臓病

2歳児に未来を 米で移植目指す 両親が募金活動 さいたま /埼玉

記者会見で涙を浮かべて支援を訴える長岡璃空ちゃんの父慧さん(左)と母志織さん=埼玉県庁で2018年10月2日午後3時11分、三股智子撮影

 重い心臓病を抱える長岡璃空(りく)ちゃん(2)=さいたま市=の米国での心臓移植を目指し、両親らが2日、県庁で記者会見して募金活動を始めた。目標額は渡航や手術にかかる費用など計1億6500万円で、年内の渡米を目指す。

 両親によると、次男の璃空ちゃんは昨年11月2日に自宅で発熱とけいれんを起こして倒れて入院した。今年5月に転院した東京女子医大循環器小児科の主治医、石戸美妃子医師によると、左心室が広がって心臓が収縮しにくくなる難病の「拡張型心筋症」で、さらに心臓内の壁の一部がはがれ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです