メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心臓病

2歳児に未来を 米で移植目指す 両親が募金活動 さいたま /埼玉

記者会見で涙を浮かべて支援を訴える長岡璃空ちゃんの父慧さん(左)と母志織さん=埼玉県庁で2018年10月2日午後3時11分、三股智子撮影

 重い心臓病を抱える長岡璃空(りく)ちゃん(2)=さいたま市=の米国での心臓移植を目指し、両親らが2日、県庁で記者会見して募金活動を始めた。目標額は渡航や手術にかかる費用など計1億6500万円で、年内の渡米を目指す。

 両親によると、次男の璃空ちゃんは昨年11月2日に自宅で発熱とけいれんを起こして倒れて入院した。今年5月に転院した東京女子医大循環器小児科の主治医、石戸美妃子医師によると、左心室が広がって心臓が収縮しにくくなる難病の「拡張型心筋症」で、さらに心臓内の壁の一部がはがれ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです